e-種やは国内最大級の野菜種・花種・苗・農業資材の販売サイトです

  • 電話番号のおかけ間違えにご注意ください
  • FAX用注文書
  • 初めての方
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • カート

休業日のご案内

【予告品種】ブラックジャックminiタイプ NW-416

nw-416

特長

  • 初期は3倍体特有の強めな草勢となるが、着果後は通常の2倍体(種あり)品種と大差ない程度に草勢が落ち着く。
  • 葉は丸葉で大きく葉色はやや薄め。
  • 初期草勢は旺盛だが、雌花の着生は極めて安定。
  • 低温や少日照環境下でも着果良好。従来の3倍体品種とは一線を画する着果性。
  • 果実は3kg前後でブルームがある球形。黒皮で不鮮明な縞が入る。
  • 裂果はほとんど発生せず、空洞果も3倍体としては極めて少ないので秀品率高い。
  • 果肉は紅桃色で硬さは中程度、糖度は12.5内外。

 

栽培のポイント

  • 整枝栽培では4本仕立ての3果どり、又は3本2果どりとし、ツル間を15〜18cmとする。
  • 葉が大きく、少し広めの株間が適す。過度に混み合うと徒長し、尻細の果実が発生。株間を詰める場合は3本仕立て2果穫りとする(やや大果となります)。
  • 低温着果性は極めて良好だが初期肥大期の低温は「しいな(未熟種子)」の発生確率が高くなるので、中間地の無加温ハウス栽培で4月〜6月、トンネル栽培では5月以降の交配となる作型が好適。
  • 成熟日数は、ハウス5月収獲で37日程度の中生。

 

nw-416_02

タグ一覧