e-種やは国内最大級の野菜種・花種・苗・農業資材の販売サイトです

  • 電話番号のおかけ間違えにご注意ください
  • FAX用注文書
  • 初めての方
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • カート

休業日のご案内

水田けい畔に、センチピードグラスの導入

水田けい畔に、センチピードグラスの導入
農地・水保全管理支払交付金事業に推奨(2012~2016年までの5ヶ年継続事業)

生育特性

  • 草丈10~15cmと低く、草刈りが不要なため、水田けい畔に最適です。
  • 初期生育後、ほふく茎(ランナー)が強力に発生、強靭な土壌被覆性があり密な芝地をつくり、景観形成が良好です。
  • 根から発生分泌するアレロパシー(他感作用)物質の効果で、雑草を抑制します。
  • 耐暑、耐早性が抜群で、早魃年でも生育は抜群です。しかも、多年生で永続性に優れます。
  • 春から晩秋にかけて生育し、冬期間、地上部は枯れ、休眠期に入ります。株は越冬して、翌春には再び萌芽生育します。
  • 寒高冷積雪地帯を除き、栽培が可能です。

雑草対策

 播種適期は5~7月、暖地では4月下旬~8月中旬。1㎡当たり10gが良好です。発芽まで10日~2週間を要します。梅雨前の播種で、年内に十分な株張りと生育量を確保することがポイントです。

播種期・播種量

  播種適期は5~7月、暖地では4月下旬~8月中旬。1㎡当たり10gが良好です。発芽まで10日~2週間を要します。梅雨前の播種で、年内に十分な株張りと生育量を確保することがポイントです。

混合播種法(別名:やまかけとろろ法)

 種子と養生材、のり、培土、水をタンクか水槽に入れ、攪拌混和して柄杓などで直接播きます。播種後の強降雨による滑落を考慮して、法面上~中部は等高線溝をつくって播種すると有効です。

セル苗移植法
  1. 移植の手間はかかりますが、早期被覆性に優れるため、除草管理が大幅に省けます。また、抑草シート利用の場合、資材費は負担となりますが管理がラクです。
  2. 栽植地は、栽植予定日までに除草剤等で徹底処理しておきます。特に、スギナ、ヨモギ、ギシギシなど多年生雑草は残根も取り除きます。怠りますと再発し、生育競合となりますので注意してください。

●セル苗出荷規格:200穴 セルトレイ(180本保障) ●1ケース:5トレイ入り

※予約生産体制のため、ご注文は計画的にお早目にお願いします。指定の納期にお届けするよういたしますが、天候等の影響でやむをえず納期が前後する場合もありますので、ご了承をお願いいたします。(注文単位 1トレイ)

タグ一覧