e-種やは国内最大級の野菜種・花種・苗・農業資材の販売サイトです

  • 電話番号のおかけ間違えにご注意ください
  • FAX用注文書
  • 初めての方
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • カート

休業日のご案内

ズッキーニ新時代 ゼルダシリーズ

ズッキーニ新時代 ゼルダシリーズ
ズッキーニの発芽

発芽適温は、25~30℃生育適温は18~25℃。多くのカボチャと同じように、セルトレイ(72穴)の対角線上に建てて1粒播きする。こうすると種皮がとれやすく、子葉の展開する方向が一定になり管理しやすい。子葉展開~本葉出始め頃10cmポットに鉢上げする。

気温が高くなってからなら、直接ポットに播種してもよい。培土は過湿にならないように管理する。

ズッキーニの這い作り栽培
  1. ポリマルチの上を這わせる栽培で、着果節以下2~3枚の葉を残し古い葉は全て摘要し、蔓先を畝と直角に伸ばしていく栽培で、強風での葉折れが少なく軟腐病の被害が少ない。露地の梅雨は無理に古葉の切り取りはしなくてよい。
  2. 不要な葉を摘葉するため果色が常に濃色で商品価値の高い果実が収穫できる。
  3. 茎葉の範囲が小さく収まるため、栽植本数を多くすることができ多収となる。
  4. 吊り下げ栽培、無摘葉栽培に比べ曲がり果の発生も減少し、A品率が向上する。
  5. 過繁茂とならないため、蜜蜂による受粉率が向上し多収となる。
  6. 過繁茂とならないため収穫作業が楽で、取り残し果の発生がなくなり、樹勢を維持し易い。
  7. 樹勢判断がし易く、追肥の適期施用ができ、長期期間の収穫が可能となり多収に繋がる。
  8. 摘葉の際マルチに面した葉を5~10枚残して摘葉する事で、果面とマルチの間に隙間ができ、果面の黄変を防げる。
  9. 蔓の伸長に沿い、針金で進行方向に固定していく事で風害を防止できる。(針金は1株1本あれば良い。)

ハウスの場合は中心に定植し、中央に通路を設けハウス側面に向けて伸ばす。

ズッキーニの立ちづくり栽培

露地やハウスでも這い栽培が一般的だが、這わせる場合は、面積を多くする必要とするため、特にハウスでは空間を有効活用し収量を増加させることが難しい。

支柱を利用した立ち栽培は、追加設備を用意せず比較的簡便に導入できる。誘引の手間が増えるが、果実の傷や着色不良を防ぎ、収量を高める期待ができる。

誘引のポイント、支柱は定植時から立てておいてよく、蔓には8の字にゆるく巻きつける。支柱を用いるので露地で利用する地、風で揺らされる予防になる。

タグ一覧